Actions

UO

2001-03-16: An Introduction to Ilshenar, Part III


BNNMasthead.gif
Global Edition


An Introduction to Ilshenar - Part III / イルシェナー伝:パート III

Author: Jerno Milik, Grand scholar of the Lycaeum Published: March 16, 2001



Virtue

It seems that the Virtues exist across facets. Though not all have been seen by our exploration parties, the eight shrines of Virtue are spoken of in all the areas of Ilshenar. Ilshen herself had the first shrine built. That was the shrine of Compassion. Again, very little of anything involving Ilshen exists, this is one of the rare pieces, in the form of a poem.

“Ilshen stood with hands of light,
At sun’s height without a sound.
The Ankh was stood upright,
upon Compassion’s ground.”

Strangely enough a shrine to Chaos is also to be found. Lord Blackthorn is pleased by this news I am sure.

People and Mysteries

The biggest question we have to face is what happened to all the people of Ilshenar? Little by little we are finding the clues and are amazed at what we are finding out: knowledge that will change our view of things, forever.

Somewhere around 150 years after the “shattering” the most amazing thing happened. A brilliant mage name Ulvol opened a portal between facets. The Anskitas do not call them facets, they call them Arktermar or “hidden worlds”. Ulvol discovered that he could tune these portals like a lute string and find new destinations. At this time we are hoping to find a record of how to do such a wondrous thing, but so far to no avail. The people of Ilshenar traveled between facets like you or I would walk to the moongate in Britain in order to get to Skara Brae. This in itself is amazing. The question then is, where are these gates? The texts speak of permanent gates, called Vasgres, used for commerce between worlds. No one has found such a thing. Instead we found these passages in several different books in Mistas:

“The four traitors have been sent through the Justice Vasgres into the void. We who remain have ensured the bal-lem is imprisoned. The last Vasgres, at Sacrifice, between the Arktermars are now sealed. Ensuring safety of our people and of all who exist outside our world. We can live out our last days knowing we have done what is just and that we have restored mistas. To my friends who have sacrificed themselves, may Virtue shine upon you always.”
“The bal-lem (a word here is scratched out) has taken the north tower and made it rubble.”
“(a word here scratched out) has come. He is bal-lem, he seeks to be Anilem.”
“The bal-lem is in league with the Anorlor fiends. Together they seek our doom.”
“The eight have offered themselves to seal the bal-lem (a word here scratched out) for eternity in the prison we have made. May Virtue guide them.”
“The migration through the Vasgreses is near completion. If (a word he scratched out) will be held back so that all who wish to go may escape.”

Bal-lem is “evil one”. Everywhere it would seem to name this “evil one” the text has been scratched out. It appears that what ever the bal-lem was it is now imprisoned and most of Ilshenar has fled to other facets. This is a bit unsettling. Why if this beast were captured would they not return? Why destroy the Vasgreses between facets? Again I hope for scrolls and books to arrive soon.

Conclusions

Many things are not fully explained. It would seem to boil down to this place, Ilshenar, like Felucca and Trammel is another Facet of Sosaria. A world that was torn apart when the Gem of Immortality was shattered. A world that knew of the Virtues and followed them. A world set upon by some great evil that they conquered but feared so much that, even though it was imprisoned, they still not dare return. That simple fact has given some of us pause as to the continuation of our exploration for the fear that we may unwittingly unleash that, which has been imprisoned.

Jerno Milik, Grand scholar of the Lycaeum




ファセットこそ違えども、徳は確かに存在しているようだ。我々の探検隊が全てを目撃したわけではないのだが、イルシェナーのどの地域でも8つの徳の神殿についての話を聞くことができた。最も古いとされる、慈悲の神殿(Shrine of Compassion)を建造したのはイルシェン自身だと伝えられている。しかし、実際には彼女の存在を明らかにできる文献は非常に乏しく、わずかに残されたこの詩に詠われている程度である。

『イルシェンは輝きに満ちていた
音もなく遥か太陽の高みへ向け
アンクがそびえ立った
この慈悲の大地に』

奇妙なことに、混沌の神殿(Shrine of Chaos)もまた発見されている。きっとロード・ブラックソンが聞けば喜ぶに違いない。

人々と神秘

我々が直面している最も大きな疑問は、イルシェナーの人々に何が起こったのか?ということだ。ほんの僅かずつながら、我々は手がかりを見つけだし、我々はその発見の度に驚かされることとなっている。そう、我々の物事を見据える目を変えることとなる知識に。

「粉砕」のおよそ150年の後、最も驚くべき事が起こった。アルボル(Ulvol)という名の非常に優れた魔法使いがファセットを越えたゲートを開いたのである。アンスキスタ スの民はそれをファセットとは呼んでおらず、"アンクタ マール(Anktermar)" - "秘密の世界"(hidden worlds)と表現していた。アルボルは彼自身がそれらのゲートを、あたかもリュートの弦のように調整することが可能であることに気づき、新たな目的地を発見することができた。我々はこの驚くべき方法に関する記録 を見つけだしたいと思っているが、今のところ成果はあがっていない。イルシェナーの人々は、ちょうど読者や私がブリテインからスカラブレイに移動するかの如く、ファセット間を行き来していたのだ。これは非常に驚くべき事である。次なる疑問点は、それらのゲートはどこにあるのか?ということだ。"ヴァスグレス"(Vasgres)と呼ばれる固定ゲートに関する文書が世界間の交易に用いられている。今までにそのようなものを発見した者は誰もいないが、我々はミスタスのいくつかの文献において、通路に関するものを発見した。

『4人の反逆者が正義のヴァスグレスから虚空へと送られた。残りの bal-lem も投獄されている。アンクタ マールと繋がる献身の地(Sacrifice)の最後のヴァスグレスは封印された。私たちの民と外界に存在する者との安全が確認された。私たちは正しい行いを為し、ミスタ スを復興させてきた。自らの身を捧げた友よ、徳の神殿が常に共にあらんことを。』
『bal-lem |/|/|/|(解読不能)|||/// が北の塔を占領し、破壊するに及んでいる。』
『 |/|/|/|(解読不能)|||/// がやってきた。彼は bal-lem だ。彼は Anilem になろうと目論んでいる。』
『bal-lem はAnorlorの仲間たちと軍団を作っている。彼らは私たちの破滅を目論んでいる。』
『bal-lem |/|/|/|(解読不能)|||/// を私たちが作った牢獄に永遠に封印するために、8人が名乗りを上げている。彼らに徳の導きがあらんことを。』
『ヴァスグレスからの移住は完了しつつある。もし |/|/|/|(解読不能)|||/// が戻ってくるようであれば望む者は逃げた方が良い。』

bal-lemとは "邪悪なる者"(Evil one)を示している。全ての箇所で、この "邪悪なる者" の名前は削除されてしまっている。bal-lemが誰であったにせよ、現在は投獄されており、イルシェナーの殆どの住民は他のファセットに避難してしまっているようだ。これはちょっとした混乱のようだ。何故この "獣" が捕らわれたというのに彼らは戻ってこないのだろうか? 何故ファセット間を通じるヴァスグレスを破壊するのだろうか? 繰り返しになるが、これに関する文献や古文書が早く届くことを願っている。

結論

多くのことが未だに語られていない。これは、ソーサリアの異なるファセットであるフェルッカとトランメルのように、このイルシェナーについて要約しているかのようだ。不死の珠玉が粉砕されたときに断絶した世界。徳の考えが存在し、従われた世界。強大なる悪が存在し、投獄された後にも恐れられ、かつての住民さえ戻ろうとしない世界。この単純な事実によって、我々の中にも無意識のうちに発散している恐怖のために冒険を中断する者がいるかもしれない。それは既に投獄されているというのに。

ジャーノ・ミリク
ライキューム 上級学術研究員