Actions

UO

2002-07-18: ファイアスティード


BNNMasthead.gif
Global Edition


ファイアスティード / Fire Steed

Author: Anwyn Brenna Published: July 18, 2002



ロード・オークス(Lord Oaks)は、私がヘイブンの無垢な若者達との生活へ入っていく為に、イルシェナーの森を離れてから、私を訪れる事が何度かあった。しかし、今回の彼の用向きは、かつて無い程の興味を掻き立てるものであった。彼はユニコーンをさらい、この世界の奥深い場所へと連れ去るデーモンの噂を聞いたというのだ。そこでは、それらのデーモンがユニコーンの角を切断し、熱と炎に曝し、そしてそれらを無感情にし、その血に火を注ぎ込んでいると言うのだ。そこで作り出されるのは、世界がかつて目にした事の無い生物であった。ファイアスティードである。

私はその連れ去られた獣を追い、ファイアダンジョンまで向かった。恐らく、過去にはそれらは多く存在したのだろうが、私に確認できたのは2頭だけであった。それらを捕らえたデーモンはどこにも見当たらなかったが、それらが近くにいるに違いなかった。間近にそれらを見ようと、私は注意深くその黄金の輝きを放つ馬に向かって近づいていった。近づくにつれて、それらの目に何かが映し出されているのに気が付いた。火の苦しみはその生物を狂気へと駆り立てていたのだが、それらはかつての知性を保持していたのだ。ユニコーンだった頃の尊厳が、これらの炎の生物達のどこかにあったのだ。今では荒々しく、他の事など省みない生物と成り果てていた。そして、私の調教スキルを以ってしてさえ、それらを制御できるか、私には見当がつかなかった。

しかしながら、私は数週間前に2本のスクロールをロード・オークスから受け取っていた。それは、私が以前までマスターしたと思っていた調教と動物学の更なる習得を可能にするという物であった。それ以来、そのスクロールを使いこなすべく、実に様々な動物に対してスキルを働きかけたが、今ほど私の新しい能力をテストする絶好の好機はあり得なかった。攻撃の兆候の動きを窺いつつ、私はファイアスティードに最接近した。ファイアスティードはすぐさまこちらへと振り向いて、火を噴き、私を酷くその火で苦しませた。その時点で、私にはこれが、私の調教の能力の試練のみならず、同時に、生き残りへの試練である事も分っていた。

少なくとも1時間、私は自身を頻繁に治癒しつつ、また、1回以上退却も考えながら、その獣と格闘した。そしてついに、彼は私に彼に優しく話し掛けるのに十分な位置にまで近づく事を許した。私は彼と同じくらい獰猛な生物を静めた言葉を囁いた。数分後、彼に触れてもいい位にまで近づく事を許してくれた。調教されたファイアスティードは驚くほど聡明で、私の命令に機敏に反応した。彼は私の強力な盟友となるだろう。その事から、彼をブレイズ(Blaze)と名付けた。

私はブレイズに跨り、2頭目のスティードの調教に取り掛かった。2頭同時に命令できるかは分らなかったが、最初と同じ位の注意を以って2頭目に近づいた。ブレイズを調教する時に多くを学んだとはいえ、この暴れ馬を調教する事はやはり同じ位に難しかった。再び、自分自身とブレイズとを治癒しながら、格闘は1時間近くに及んだ。が、ついに、私はその生物を調教する事が出来た。同時に2頭のファイアスティードを操る事は可能であった。ロード・オークスはこの知らせに非常な興味を示す事だろう。私はこの二頭目をインフェルノ(Inferno)と命名してついて来させた。ロード・オークスは直に彼らを見たがる事だろう。

丁度我々がファイアダンジョンの出口に差しかかった時、こちらに向かってくるデーモンの足音が聞こえてきた。そしてそれは、我々の行く道を塞いでいるのだと分かった。私はブレイズから降りて、そのデーモンを視界に捉えるまで待機した。それを視界に捉えてすぐに、ブレイズとインフェルノの両方にキル命令を出した。個別に其々のスティードと闘ったので、どういう闘い方をするのかは大体想像が出来た。だが、私は驚かされた。ブレイズとインフェルノは共同して勇猛果敢に、かつて彼らが受けた責め苦を越えるダメージを与えながらデーモンに立ち向った。私は他の動物でこの種の集団本能を見かけた事はあるが、ユニコーンや馬では初めて見る、とても興味深い光景だった。

同時に印象深かったのは、彼ら自身は呪文を発しないにも関らず、ブレイズとインフェルノの両方ともデーモンのぶつけてくる呪文に対する異常なまでに高い耐性を持っているように思われた事だ。そこで気が付いたのだが、インフェルノの持っている耐久力は、人間で言うとフルプレート装備に相当していた。一方で、ブレイズのそれはリングメイルに近いものがあった。この違いから、私はインフェルノより、ブレイズの方をより多く治癒した。しかし、それは本当に僅かな治癒を施すだけであったのだが。しかし、私の獣医学のスキルも、そのデーモンが毒殺の魔法をブレイズに放った時には、殆ど使い物にならなくなっていた。私の関心は完全にブレイズに奪われた。私がブレイズに気を取られている間に、インフェルノが最後の一撃をデーモンに向けて放った。そしてデーモンの体は地に沈んでいった。安心した私は、ブレイズへの介抱を素早く終わらせて再び跨った。そしてまたインフェルノを付き従えた。

森の支配者(Lord of the Forest)のいるイルシェナーへ向かおうとムーンゲートに向かっている時に、私が見つけ出したものについて改めて考えてみた。ファイアスティード、美しく、同時に凶暴なその存在は、彼らを調教できる者にとって頼りがいのある盟友になる事だろう。ロード・オークスはこの知らせを聞いて驚く事だろう。何と言っても、私は証拠も携えているのだから。ファイアダンジョンにはもっと多くのファイアスティードがいると思うが、また次の機会の為に残しておこうと思う。

「この広大な世界は何とも不思議な物を持っているものだ」

-Anwyn Brenna Dryad of Haven


Lord Oaks had a few visits to me after I left Ilshien Forest in order to get into my life with Haven's innocent youth. However, his use for this time was to stir up unprecedented interest. He said that he heard the rumors of Demon that uncovered the unicorn and took him to the deep place of this world. There, they say that these daemons cut the corners of the unicorn, expose them to heat and flames, make them empty, and poured fire into their blood. What was created there was a creature that the world has never seen before. It is fire steed.

I chased the beast that was taken away, headed for Fire dungeon. Perhaps, there were many in the past, but only two could confirm to me. The daemons that captured them were nowhere to be found, but they must have been nearby. I carefully approached the horse that glowed its golden shines to see them at hand. As I approached, I noticed something being reflected in those eyes. The suffering of the fire had driven the creature to madness, but they retained the former intelligence. The dignity when it was a unicorn was somewhere in these flame creatures. Now it was rude and was finished as a creatures not to care about other things. And even with my training skills, I had no idea whether I could control them.

However, I received two scrolls from Lord Oaks several weeks ago. It was a thing that would allow me to further master the training and zoology that I thought I had mastered before. Since then, I have worked on skills against various animals to the full extent of using that scroll, but there was no great opportunity to test my new ability as much as I could. I was closest to Firestide, watching the signs of the attack. Firestead immediately turned around to me, burning a fire, and bashing me suddenly with the fire. At that time, I knew that this was not only a trial of my training ability, but also a trial to survive.

For at least an hour I frequently healed myself and I fought with that beast while thinking of retreating more than once. And finally, he allowed me to get close enough to talk to him kindly to him. I whispered the word which calmed the ferocious creature as he was. After a few minutes, he allowed me to approach him as I touch him. Trained Firestead was amazingly intelligent and responded agilely to my order. He will be my strong ally. From that, he named him Blaze.

I straddled the Blaze and began training for the second Steed. I did not know if I could command two at the same time, but approached the second one with the same attention as the first one. Even though I learned a lot when I trained Brayz, it was still as difficult to train this rampage horse. Again, while fighting himself and Blaze, the fight ran for nearly an hour. Finally, I was able to train the creature. It was possible to control two fire steeds at the same time. Lord Oaks will show a great interest in this news. I named this second head Inferno and followed it. Lord Oaks would want to see them directly.

When we just came to the exit of Fire Dungeon, we heard the footsteps of the demons coming toward us. And it turned out that it was blocking our way. I got off from Blaze and waited until I saw that daemon in sight. As soon as he caught it in sight, he issued a kill order for both Blaze and Inferno. I fought against each of the steades individually, so I could hardly imagine what kind of fighting we would like to fight. But I was surprised. Blaze and Inferno cooperatively bravely attacked the demon while giving damage that exceeded the hardship they had received. I have seen this kind of collective instinct in other animals, but it was a very interesting sight that I saw for the first time in unicorn or horses.

The impressive thing at the same time is that both Braiz and Inferno seemed to have extraordinarily high resistance to the demons' hit spells, although they themselves did not cast spells. So I noticed that the durability of Inferno, equivalent to full plate equipment in human terms. On the other hand, there was one closer to Ring Mail than that of Blaze. From this difference, I healed more of Blaze than Inferno. However, it really only took a slight cure. But my veterinary skills were almost unusable when that daemon let out Blaze the poisoning magic. My interest was totally deprived by Blaze. While I was being taken care of by Blaze, Inferno delivered the last blow to Demon. And the body of Daemon sank to the earth. I was relieved, I ended up getting through to Blaze quickly and bridged again. And also followed Inferno.

I was thinking about what I found when I headed for the Moon Gate to head to Ilshiener with the lord of the forest. Fire steed, its beautiful and at once ferocious existence will be a reliable ally to someone who can train them. Lord Oaks is surprised to hear this news. Anyway, I have evidence. I think there are more fire steeds in the fire dungeons, but I will leave it for the next opportunity.

"This vast world has something strange"

-Anwyn Brenna Dryad of Haven