Actions

UO

2002-10-03: Workers


BNNMasthead.gif
Global Edition


Workers / 労働者

Author: Unknown author Published: October 3, 2002



Far underground, among the soil and stone, two workers had been busy for an entire day. They considered their work within the gloomy cavern pleasant and distracting. The constant flow of warriors skittering by and the sounds of clashing swords and armor echoing down the rocky dirt hallways had stopped bothering the pair hours ago, not that such workers were easily distracted. They toiled under request of the Matriarch. Besides, the two workers had created their own distractions while they labored.

“… Your most embarrassing scientific moment?” Borvin asked Krett.

Krett looked up from the tall contraption he was building beside a large pool of water. He thoughtfully scratched his chin. “Most embarrassing… ah… that is a difficult one.” The tinker leaned forward again to reach inside the device with one of his tools, making a few squeaky adjustments. “That’s ah… hmm, that’s a difficult one.” Krett blushed slightly in the dim light. “There have been so many.”

“Just choose one!” Borvin sat on a small stool by the underground spring with alchemy equipment spread out before him. He leaned down with a small glass vial to gather another sample of the water. After dripping a few drops of a deep blue liquid into the vial, he shook his head and tossed the contents out. “I’ll go first if you like.”

“Please, ah… after you, by all means.” Krett’s voiced slightly echoed out from the device that he had stuck his head into.

Borvin looked towards the shy tinker and raised an eyebrow. “Are you certain that it is safe for you to have your head in that thing? There are quite a few moving parts in there. Aren’t you worried about losing an ear?”

Krett pulled his head out of the device and smiled at Borvin. “Only if I don’t move my head every seventeen and a half seconds.” The machine made an almost fierce swooshing sound, as if a blade were being swung. Krett stuck his head back inside and continued making adjustments. “It’s your turn.”

“Ah, yes, right, my most embarrassing scientific moment.” Borvin thought for a moment as he stared into a beaker. “That would have to be the day I blew up my alchemy instructor.”

Krett giggled from within his machine. “I… ah, I know I shouldn’t laugh at that, but you, ah… you blew him up? That sounds rather violent.”

“Oh he wasn’t hurt,” Borvin’s gut shook slightly as he chuckled, “although I’m still not sure how. I was nearly finished with my instruction from this particular professor my father had sent me to. The fellow didn’t seem to care for my prowess, thought I was too smart for my own good.”

Krett pulled his head out of his device again, just before a slicing sound came out. He grabbed another of his tinker tools and climbed back in. “I’ve, ah… I’ve had instructors like that before. They always thought I was too smart for my own good as… ah… as well.”

“Well this teacher was correct; I was slightly big for my own britches. Some things never change, eh?” Borvin patted his stomach. “It was my final project and I mixed a new potion that I thought was going to revolutionize alchemy. Unfortunately I had made a very simple mistake. When my instructor came to test it, the potion exploded and “revolutionized” him right through the wall of his house and halfway down the street.”

Krett’s laughter echoed inside his device.

“I was terrified. There I am standing blackened with soot in this shell of a house, with my instructor lying in the street looking rather dead. After I stood there in shock for ages, he slowly stood up, walked back to the house and told me very calmly to go home.”

“Go home?” Krett again dodged whatever horrible fate awaited those who did not move every seventeen and a half seconds. “That’s… ah, that’s it? Just go home? Oh, hello there.” Krett blushed slightly, realizing he had said hello to a passing Solen worker that was curiously inspecting the two men who had been made friends of the hive.

“Well, that day, yes. The next day I started working for him. It took a year and a half to help pay off the damage I had done.” Borvin combined two of his potions together, then poured a few drops of the spring water in the mixture. “Hmmm, I think Adranath was correct; their water supply does seem to have some effects of the decay in it. Probably turned them into their current form, but it could also kill them before too long.”

“I guess maybe they, ah… they came to the surface looking for water?” Krett asked.

“Could be, could be.” Borvin poured the mixture out and began packing up his bottles and potions. “Now it’s your turn. Your most embarrassing moment in science, what is it?”

Krett’s hand felt along the ground near his tools. He pulled his head out of the machine to look around. “Possibly right now, I, ah… I seem to have lost one of my wrenches.”

“That’s your most embarrassing moment?” Borvin asked.

“Well I… ah, I’ve never lost a tool before!” “That was a perfectly good wrench and… Krett looked nervously at the ground, then looked up to see the curious Solen worker a few steps down the tunnel trying to chew on his wrench. ”Ah, there! You!”

He ran up to the worker and gently tried to put his hands on the tinker tool to take it away. It was like watching a mother fight with a fussy baby. The worker squealed slightly and tried to brush Krett’s hands away. “I need that… ah, give me the wrench, please! You want me to, ah… to help your Matriarch, don’t you?”

Borvin walked up behind Krett with a small jar of a golden-looking clear substance and waved it in front of the upset Solen. “Mmmmm, doesn’t that smell good, yes?” The workers antennae shifted towards the jar. It suddenly let go of the wrench, causing Krett to stumble backwards into the pool of water with a yelp. Borvin held the jar out to the creature as it snatched it away and walked down the tunnel chirping to itself.

“What did you give him?” Krett asked spitting out water as he took Borvin’s hand to help him stand.

“Honey. I brought some for the bread I had with lunch.” Borvin grinned. “They may be six feet tall, with a talking Queen, but some things never change. Are you alright?”

Krett wiped the water off his face. “Yes, I’m fine.” He walked back over to his device, reached into the opening with his wrench, and made one twist. “And I’m, ah… I’m all done here.”

“Do you think it will work?” Borvin asked as he gathered up his things to leave.

“I hope so, if not it’s going to, ah…. Well it would be rather, ah… embarrassing.” Krett smiled.

The two examined their work with pride. The new device they had come up with looked strange, but it was the only hope for the Solen Matriarch and her people.

As the pair of scientists began the hike out of the tunnels, Borvin turned to Krett with a slight smile. “You never did tell me what your most embarrassing moment was.”

“You just saw it.” Krett said.




地面のずっと下、土と石の穴の中で、2人の労働者が1日中、忙しく動き回っていた。彼らは、このじめじめした暗い穴倉で働くことを無常の喜びと感じていた。早足で戦士の一団が駆け抜けたり、岩のトンネルの奥から剣や鎧がぶつかり合う音が響いくるといった騒ぎは、2時間前に収まっていた。もっとも、その程度のことで気が散るような2人ではない。彼らは女帝直々の命を受けて仕事をしているのだ。しかも、彼らは仕事をしながら新しい遊びを発明して、結構、楽しくやっていた。

『……じゃあ、科学者人生でいちばん恥ずかしかった体験ってのはどうだ?』ボルビン(Borvin)がクレット(Krett)に言った。

クレットは、大きな泉りの脇に組み立てている背の高い装置から顔をあげ、考え込むように顎をなでながら答えた。『いちばん恥ずかしかったこと……ですか。そりゃ、んー、むずかしいなぁ』工学博士は再び装置に向き直り、中に工具を握った腕を突っ込むと、何やら甲高い音を立てた。『それはその……、ふむ、難しい質問だよ』クレットは暗闇の中でかすかに顔を赤らめた。『たくさんありすぎて』

『いいから、ひとつ選べよ!』ボルビンは錬金術用の道具の数々を広げて、地下泉の脇の小さな椅子に腰かけていた。彼はガラスの小瓶を手に持ち、前かがみになって何杯目かの検査用の水を採取した。そして小瓶に紺色の液体を数滴落とすと、首を横に振って瓶の中身を投げ捨てた。『なんなら、私から先に話そうか』

『どうぞ、あー……、お先にお願いします』装置に頭を突っ込んでいるクレットの声は、かすかにエコーがかかって聞こえた。

ボルビンはクレットに目をやると、腕を振り上げて言った。『そんなところに頭を突っ込んだりしたら危ないじゃないか。中ではいろんな部品が動き回ってるんだろ。耳でも落としたらどうするんだ』

クレットは装置から頭を引き抜いて、ボルビンに微笑んだ。『17秒半ごとに外に出れば大丈夫なんですよ』装置は、内部で刀が回転しているのかと思わせるような、ヒュンという、聞きようでは恐ろしい音を立てた。クレットはまた装置に頭を突っ込み、調整を続けた。『あなたの番ですよ』

『ああ、そうそう。私の科学者人生でいちばん恥ずかしかった出来事だな』ボルビンはビーカーを見つめながらしばらく考えて言った。『それは、錬金術の先生を吹き飛ばしたときかな』

クレットは装置の中でクスクスと笑った。『いや、その……失礼とは知りつつ、つい……、でも、先生を吹き飛ばしたとは、これまた恐ろしい』

『いや、彼は無事だったさ』ボルビンも、かすかに腹を揺らして含み笑いをした。『どうして無事だったのかは、いまだに謎なんだがね。その先生は、父が私のために付けてくれた人でね、それは私が間もなく卒業というときだった。彼は私の才能を妬ましく思っていたんだな。私が大物になると見抜いていたんだよ』

クレットは、あのヒュンという音が鳴る寸前に装置から頭を出した。彼は別の工具を拾うと、また頭を突っ込んだ。『私も……、その、そういう先生に教わっていたことがありますよ。彼らも、私が大物になると思ってたようで……はい』

『たしかに先生の言うとおり、私は当時から大物だったよ。その頃からズボンよりも腹のほうが大きかったからな。人には変わらないものってのがある。違うか?』ボルビンは腹を手で叩きながら言った。『卒業作品として、私は新しい薬品を調合した。錬金術界をひっくり返すような新薬の発明だと私は自負していたんだが、ちょいとした初歩的なミスを冒してしまった。先生がやってきてそいつをテストしたところ、いきなり薬が爆発して、錬金術界ならぬ、先生をひっくり返ってしまった。先生は部屋の壁を突き抜けて通りの真ん中まで飛んでいったよ』

クレットの笑い声が装置の中でこだました。

『私は恐ろしくて、煤で真っ黒になったまま立ち尽くしたよ。先生は道の真ん中に倒れてる。もう死んだと思ったね。私はそこに何年間も立っていたような気がした。やがて先生はむっくり起き上がり、こちらへ歩いてきて、家に帰るよう私にやさしく言ったんだ』

『家に帰れって?』クレットは、装置の中で17秒半ごとに人の運命を決する何かをかわして頭を外に引き出した。『それで……、つまり、それだけ?家に帰れって?あ、やあ、こんにちは』クレットは少し顔を赤らめ、巣への出入りを許された2人の人間に好奇の目を向けて通り過ぎるソーレン(Solen)の労働者に挨拶をした。

『ああ、その日はそうだった。翌日からは、私は彼の下働きになったんだがね。1年半かかったよ、先生の家の修理代を弁償するのにさ』ボルビンは2種類の薬品を混ぜ合わせ、そこへ泉の水を数滴たらした。『ほう、アドラナス(Adranath)が正解だったようだ。彼らの飲み水が腐敗の影響を受けている。おそらく、彼らを今の姿にしたのは、この水だ。だが同時に、これはやつらの寿命を縮める原因にもなってるようだ』

『だからつまり、思うに彼らは……、飲み水を求めて地上に出てきたと?』クレットは尋ねた。

『あり得る、あり得る』とうなづくと、ボルビンは試験液を泉に流し、瓶や薬品を片付け始めた。『次はそっちの番だ。あんたの科学者人生でいちばん恥ずかしかったことはなんだい?』

クレットは装置に頭を突っ込んだまま、地面を手でまさぐっていた。やがて顔を出してあたりを見回した。『たぶん、それは今このときですよ……。つまりその、レンチをどこかへやってしまったようで』

『それがいちばん恥ずかしい体験だってのか?』とボルビンは聞き返した。

『いや、その、私は工具をなくしたことなんて、一度もないんですから!あれは最高のレンチだったのに。それに……』クレットは地面の上をあちらこちら探し回り、やがてトンネルの少し先で、彼のレンチを持ったソーレンを発見した。彼は珍しそうにレンチを眺め、それを歯で噛もうとしていた。『ああ!ちょっと待って!』

彼はソーレンに駆け寄り、相手を刺激しないよう静かにレンチに手をかけた。それはまるで、気難しい子供をなだめる母親のようだった。ソーレンは小さく甲高い声をあげ、クレットの手を振り解こうとした。『それは大切なものなんだから……その、返してね。お願い!これは女帝様に頼まれたお仕事なんだから、協力してね?』

ボルビンが歩いてきて、クレットの後ろに立った。彼は、手にしていた黄金色の透明な液体を満たした小さな壷を、神経質になっているソーレンの顔の前で左右に振ってみせた。『ほーら、いい匂いだろ?』ソーレンは触覚を壷に伸ばすと、すぐにレンチを手放した。そのため、レンチを取り返そうと頑張っていたクレットは後方によろめき、悲鳴とともに泉に転落してしまった。ボルビンは壷をソーレンに差し出すと、ソーレンはそれを奪い取り、カチャカチャと独り言を呟きながらトンネルを歩いていった。

『あれは、何だったの?』ボルビンに手を引いてもらって立ち上がりながら、口の中の水を吐き出し尋ねた。

『ハチミツだよ。弁当のパンに付けて食べようと思って持ってきたんだ』ボルビンはにやりと笑って答えた。『やつらは身長が180センチになって、女王は言葉までしゃべるようになったが、昔から変わらないものもあるってことだ。大丈夫か?』

クレットは濡れた顔をぬぐいながら答えた。『はい、大丈夫です』そして彼は装置に戻り、レンチを握った手を内部に突っ込んで、最後のボルトを締めた。『えーっと、これで、ここの仕事は完了ですね』

『それが役に立つと思うかね?』ボルビンは荷物をまとめながらクレットに聞いた。

『そう願いますよ。もし役に立たなかったら、そのときは、ああ……、それこそ、その、お恥ずかしいことで……』と言いながらクレットは苦笑した。

2人は、仕事を果たし満足な気分だった。新しい装置は、見た目は悪いが、女帝をはじめとするすべてのソーレンにとっては、最後の望みだ。

2人が外へ向かうトンネルを歩き始めたとき、ボルビンはクレットを振り返り、意地悪そうな笑いを浮かべて言った。『あんた、とうとういちばん恥ずかしい体験を話してくれなかったな』

『今、見てたじゃないですか』そうクレットは答えた。