Actions

UO

2006-09-02: 冒険者ジョーダンの目撃談


BNNMasthead.gif
Global Edition


冒険者ジョーダンの目撃談 / Adventurer Jordan's sightings

Author: Bard Lyricist Lyra Published: September 2, 2006



記録者:吟遊詩人のLyra

「それで、どうなったのですか?」 私は続きが聞きたくて急かした。 「ああ、お嬢さん、まさにその時にあれが起こったんだ。起こったんだよ!」 ジョーダンが応えた。彼はエールを一気に飲み干し、最後の言葉を発しながらマグカップをテーブルに叩きつけたので、周囲が急に静まりかえった。何ごとかと身を乗り出す者もいた。 「悲鳴を上げてたんだ、バンシーみたいに! 炎が目の前に迫ってきて、もうだめだと思った」 一瞬、彼は私たちをじっと見つめてから椅子にもたれた。 「まるで時間が止まったみたいだった。泣き声みたいな、ひどい音だった」

一息ついて、彼は言った。 「低くて……低くて、暗い音だった」 「その(音を聞いた)ときに、全員が吹き飛ばされたのですか?」 最初からずっと話を聞いていた隣の人が言った。 ジョーダンはいきなり立ち上がったので、私はちょっとびっくりした。 「は! 俺は違うさ!」 ジョーダンは彼の胸倉を自慢げに叩くと、私たちを見下ろした。 「だが、数名はそうだった。あのとき見た大爆発は忘れる事ができないさ」 ジョーダンは彼の手をテーブルに戻し少し、身を乗り出してじぃっと私たちを見た。 「数百個。数百個に違いない。その柱は、ガラスみたいに砕け散ったんだ! それを見たときに、拳大の塊が俺に向かって飛んできたんだ!」 突然彼が自分のチュニックをつかんだので、皆はハッと息を飲んだ。 「ここだ! その塊がちょうどここにぶつかったんだ。でも、痕が無いんだ!」 わけがわからないと言うように、全員が怒涛のごとく同じことを尋ねた。 「どうして?」

ジョーダンは立ったままもう一口マグから飲むと続けた。 「信じられないかもしれないが、本当の事を言うとだな……その石は、幽霊みたいに俺の体をすり抜けて行ったんだ! 俺の友達や俺たちのペットや壁、それに天井もだ!」 「でも、あんたはいくつか拾えたんだろう? 違うのかい?!」 何人かが大声で訊いた。 ジョーダンは座り、満面の笑みと共に固く手を握った。 「ああ、俺たちはたしかに地面に散らばったいくつかの“かけら”を拾ったよ。それが触れるぐらいに硬くなってからな」

「で……」 と、酒場の亭主が割り込んだ。 「どれくらいの破片がそこにあったんだい?」 「数ダースだと思うんだが……」 幾人かがゆっくり頷いて、自分の持っている“かけら”を見ようとしていることに私は気づいた。ジョーダンは満面の笑みを浮かべながら、群集に挑むように話かけた。 「もう一度言うが、そこで俺たちが見つけた“かけら”は、ほんの数ダースだったんだ。でもな、その柱は男の背以上はあったんだ!」 私の中に突如としてある疑問が浮かんだが、それを口にする前にジョーダンに言われてしまった。

「残りはどこに行ったんだ?」 ジョーダンは、不思議そうにそうつぶやいた。


"So, what happened?" I hurried to see the rest. "Oh, young lady, that happened at the very moment, happened! Jordan responded. He drank Ale at a stretch and embarked on the last word and struck the mug around the table, so the surroundings suddenly froze. There was a man who embarked on something with something. "I was screaming, like Banshee I thought that the flame came close to my eyes and it would no longer be good." For a moment he stared at us and got on to the chair. "It sounded like time had stopped, it was a terrible sound like a whine."

With a breath, he said. "It was low ... it was low and it was a dark sound." "When you heard that sound, were all of them blown away?" The neighbor who was listening to the story from the beginning said. Jordan suddenly stood up, so I was slightly surprised. "Wow! I am different!" Jordan bragged about his chest, looking down at us. "However, several people were, the big explosion I saw at that time can not be forgotten." Jordan put his hand back on the table and, as he embarked on his own, he saw us. "There must be hundreds of hundreds, the pillar has crushed like the glass! As I saw it, the chunk of the big fist came toward me!" Suddenly he grabbed his tunic, so everyone took a breath. "Here, the chunk just hit here, but there is no trace!" As I say that they do not know the reason, everyone asked the same thing like anger. "why?"

Jordan kept standing and continued to drink from another bite. "It might be incredible, but to tell the truth ... that stone slipped through my body like a ghost! My friends, our pets and walls, and the ceiling too ! " "But you said you could pick up a couple of them, is not it?" Several people asked loudly. Jordon sat and grasped his hand hard with a full smile. "Oh, we certainly picked up some" pieces of pieces "scattered on the ground, since it got harder to the touch."

"so……" , The bar hostress interrupted. "How much debris was there?" "I think that it is a few dozen, but ..." I realized that some of them slowly nodded and were trying to see the "pieces" they had. Jordan talked to challenge the crowd with a full smile. "Again, but the" fragments "we found there were only a dozen, but that pillar was more than a man's back!" There was a sudden question in me, but Jordan told me before I said it.

"Where are the rest?" Jordan murmured with a curiosity.