Actions

UO

2007-06-29: Fireworks Festival


BNNMasthead.gif
Global Edition


Fireworks Festival / 花火の祝祭

Author: Unknown author Published: June 29, 2007



“Gentlemen! Ladies! Order!” Francesco was fairly yelling across the long table in the meeting hall. To his right a nervous looking elf was hastily pulling documents from a pouch and arranging them on the table in front of him. Everywhere else it was a cacophony of noise – politics at its finest.

He stood, and the noise level dropped as faces turned towards him.

“Now then, ahem, Casca.Lord Casca.] has prepared our notice to the masses concerning the celebration.” He motioned to his right. “M’lord.”

The lawyer turned politician stood quickly and spoke.

“As you all know, with the recent set of calamities besetting our land, we have cause for great concern.”

Muffled agreement met his statement.

“Therefore, in order to, shall we say, distract the population at large from the distresses of events outside of their control, we propose a celebration of sorts to commemorate the great successes of this Council.”

“Here here!” came the cry from further down. Casca.continued.

“I shall now read the proposed announcement:”

“Citizens of Britannia!”

“In honor of the founding of the Royal Council, set forth by that great hand that united our peoples, we announce a festival of frivolity, a commemoration of friendship amongst the cities of Britannia! From the shores of New Haven, onto the walls of Trinsic, and even as far as the colonies of Malas shall the celebration pour forth!

These shall be days in which no work shall be performed except that which is needful. All are invited to attend the opening fireworks in Castle British, and transportation to further festivities will be provided at no expense to our guests!”

There was a guffaw and a clap, and Casca.quickly rolled the parchment back together.

“That ought to keep them busy for a bit, eh?” one of the men said.

Casca.smiled.


"紳士淑女の皆さん、静粛に!" フランセスコ卿(Lord Francesco)は会議場の長いテーブルの向こうから怒鳴らんばかりの声を上げた。 フランセスコ卿の右にいる憂鬱そうにしていたエルフはその声を聞いて慌ててポーチから書類を取り出し、卿の前にまとめた。どこもかしこも雑音 - 政治家達の声だ - が織り成す不協和音で満ちていた。

フランセスコが立ち上がると彼らの顔はそちらに向けられ、その分雑音の音量は幾分か小さくなった。

「さて、ところでだが。えー。カスカ卿が祝祭について民衆に向けた文章を用意してくれた」 フランセスコは右へ向けて合図をした。 「卿、さあ。」

促された弁護士はさっと立ち、政治家達に向かって話し始めた。

「皆様方もご周知の通り、先日の大災害によって我々の大地が変形したことは多大なる懸念を我々にもたらしました」

もごもごと賛成の声がカスカの発言に対して向けられた。

「従いまして、言いますなれば、我々の議会が大きな成功を収めている事を記念して祝祭を開くことにより、我々のあずかり知らぬところで起こったこの出来事による民衆の不安をそらすことが出来るのではないかとここに申し上げます」

「これが要旨だ!」 テーブルの向こうからフランセスコの大きな声が聞こえた。カスカは続けた。

「民衆に向けようと思う宣言は以下の通りであります」

「ブリタニア市民よ!」

「我々の力強い団結により生まれし名誉ある王立議会の創設を記念し、ここに簡単ではあるが祝祭を催すこととする。ブリタニア中の街々に在りし友情を記念せよ!ニューヘイブンの海岸からトリンシックの城壁、遠きマラスの植民地に至るまで祝祭の糸をつむぎだすのだ!

この日は一切の必要不可欠と見なされた職務以外から放たれることとする。全ての国民はブリタニア城での祝賀記念の花火に招待され、催し物のために必要な移動手段は全て無料で提供される!」

馬鹿げた笑いと拍手が起こった。カスカはすぐに羊皮紙をまとめ、丸めた。

「もう少し民衆を働かせてもいいのではないかね、えぇ?」 一人が言った。

カスカは微笑を浮かべた。