Actions

UO

2008-06-23: The Six


BNNMasthead.gif
Global Edition


The Six / 「6」 (ザ・シックス)

Author: Draconi and Kilandra Published: June 23, 2008



He despised the cold.

Ice sliced through the air in silver streams, shrieking past the solitary figure atop the snowcapped peak. The Serpent's Spine coiled below him, its sinuous peaks and valleys dividing half the seeming world. He closed his eyes.

It seethed with malice, a chaotic surge of destruction that felt both familiar and new. The dungeon buried in its depths held things, he knew, that his kind sought. Perhaps it was there, perhaps it was not, this thing he had been sent to find, but it didn't matter. He would descend.

A woman appeared next to him, the only herald of her arrival being the sudden shift in the wind's pitch as it parted furiously in dark smoke around her. Scarlet hair whipped around in the bitter air, and her dark, metallic armor looked ill-equipped to shield her from the frost forming at her feet. Yet she stood there, regarding him easily.

“Myxkion.” She waited. “They're in my way,” he replied, without turning towards her.

She looked down at the small, green glade nestled below. It was a tiny valley outside some sort of cave entrance. A small pond was surrounded by sporadic movement, and she looked back up to him, an eyebrow shifting in amusement.

“Humans...” “Tell me, would it not be better if we just wiped them out?" He nodded to himself. "Look at them. They *scurry*.”

She laughed – with a harmony that would make the finest instrument jealous. Myxkion's ears enjoyed the familiar song. Then the bitter reminder of where he was gnawed at him with frost laden fangs. The only thing that annoyed him more than the cold, was the small camp of ignorant people down below, going about what, he felt, were their meaningless lives.

“I could destroy them all with a snap of my fingers,” he mused.

The fair maiden's laugh stopping slowing into a teeming smile. “Don’t forget who and what you are, Myxion. There's no need for that – simply kill those in your way and focus on our goals.”

She paused for a moment to gauge his reaction.

“We don’t need the unnecessary attention. But if they’re distracting you, then by all means, do it. Our ally grows impatient.”

The words rang true, increasing his annoyance.

The wind died and a ball of crimson flame appeared in front of the man. The ground steamed where snow been packed inches thick moments before, and tendrils of fire licked the air around them.

The burning missile grew smaller as it shot down towards the encampment. A flash of light marked its impact, followed by a giant plume of angry smoke and ash. The shockwave carried with it the sounds that had traveled last of all back to the ears of the two steadfast strangers, up and above the chaos.

“You didn’t snap your finger,” the woman playfully mocked her companion.

Below them, a few tiny figures fled the unfolding disaster.

“How silly of me to forget...” He snapped his fingers, and several more spheres of violent flame came to life.


彼は寒さを嫌って(Despise)いた。

氷が白銀の奔流の中を空気を切り裂くように飛び、雪で覆われた山頂に立つ孤独な人影を通り抜けて金切り声を上げている。サーペンツスパイン山脈は彼の足元でとぐろを巻き、曲がりくねった山脈と谷は一見して世界を二つに分けているかのようだった。彼は目を閉じた。

懐かしさと新しさの両方が感じられる混沌とした破壊のうねり、悪意が渦巻いていた。そのダンジョンの奥深くに眠るもの、それこそが彼の求める類のものだと感じていた。探し出そうとしているものはそこにあるかもしれないし、ないかもしれない。だが、それはさして重要ではなかった。彼は下りようとした。

到着の前兆は突然の風の勢いの変化だけだった。黒煙が散り、彼の隣に女性が現れた。彼女の緋色の髪は凍てつく空気の中にひるがえり、黒光りする金属製の鎧は足元の凍りつくような寒さから身を守るのに適していないように思えた。にも関わらず、彼女はそこに立ち、苦もなく彼を見つめていた。

Bnn080624.jpg

「ミキオン(Myxkion)」 彼女は返事を待った。 「ヤツらは我々の邪魔になる」 振り向かずに彼は答えた。

彼女は眼下に横たわる小さな緑色の空き地に目を向けた。それは何種類かある洞窟の入り口の外側にあたるちっぽけな谷間だった。小さな池の周りで何かがまばらに動いている。楽しそうに眉を動かしながら、彼女は彼の方に振り返った。

「ヒューマンども……」 「教えてくれ。何故奴らを消してはならないのだ?」 彼は自分にうなずいた。 「奴らを見ろ。目障りだ……」

彼女は笑った。最も優れた楽器でさえ嫉妬するような音色で。ミキオンの耳はその素晴らしい音色を楽しんだ。それから、霜で牙を覆い、自分を絶えず苦しめるこの場所の厳しさを思い出した。しかし、寒さ以上に彼をいらだたせたのは、無意味な人生を送っているように感じられる下界の無知な人々の小さなキャンプだった。

「奴らなど指を鳴らすだけで始末できるだろう」 彼はそうつぶやいた。

美しい乙女の笑い声が、溢れんばかりの微笑に変わった。

「忘れてはダメよ。あなたが誰で、そして何であるかを。あなたはミキオン。何も我慢する必要は無いわ……邪魔するものは殺し、目的を遂げなさい」

彼の反応を確かめようと、彼女は少し間を空けた。

「不必要な注目は避けた方がいいわ。でも、もし奴らがあなたの心を悩ましているというのなら、是非そうなさい。同盟者がいらいらしているわ。」

その言葉は真実のように思え、彼のいらだちを増した。

風が消え、深紅に輝く炎の球が男の前に現れた。ほんの数瞬前まで何インチもの厚さで積もっていた雪が蒸発し、地面が湯気を立てる。炎のツルが周りの空気をなめた。

野営地に向けて打ち込まれた炎のミサイルは徐々に小さくなっていった。閃光と衝撃が走り、続いて激しい煙と灰の巨大な柱が立ち上る。衝撃波は混沌の頭上で微動だにしない二人の耳へと最後に音を運んだ。

「指を鳴らす必要もなかったようね」 彼女は戯れに仲間をからかった。

彼らの眼下では、いくつかの小さな影が突然の大惨事に逃げ惑っていた。

「すっかり忘れていたよ……」 彼が指を鳴らすと、燃え盛る炎の球が更に数を増して現れた。