Actions

UO

2008-10-31: Mistress of Darkness


BNNMasthead.gif
Global Edition


Mistress of Darkness / 暗黒の女王

Author: Joanne Laroche Published: October 31, 2008



“She will be pleased,” Melissa softly intoned, accepting the shimmering jewel from the dirtied hands of a weary soldier. Her followers pressed together in the dark chamber, the light from their torches didn't seem to penetrate far into the darkness where their newfound leader stood.

“This,” she began, raising it up above her in outstretched hands, “is the key to our victory!”

The faction sigil glowed a deep red, casting a malevolent light down into Melissa's hooded face. “With these at our command, we will conquer the cowards who fled this land so long ago!”

“Their haven, their precious Trammel, shall crumble before us!”

She brought the sigil down to her chest and began chanting. Her followers caught its rhythm and joined in a growing chorus. Words flowed and were forgotten, yet magic gathered around them, seeping through the midst like tendrils of fog.

“We will wake the sleeping Britannia!” and the darkness behind Melissa burst apart.

A dragon had appeared before them, standing, vast and majestic, behind the small figure of their leader. Knees, heads, and hands hit the floor as the dragon fear took hold. Never had any of them seen something, felt something, of its like. A crimson dragon, the very embodiment of chaos.

Melissa gestured behind her: “You witness our allies! Our Mistress promised: 'That the peoples of Britannia shall know fear!'” She eyed them as the dragon breathed, “We are that promise!”

Voices erupted as the magical fear subsided, shouting, screaming, tinged with bloodlust.

“We shall wake them into our nightmare!”

She turned, proffering the sigil to the entity behind her. A single talon stretched out, and gently touched the artifact. The room went dark, then exploded with energy.

A rift had formed before the humbled followers of the Shadowlords. Beyond the hazy outlines they could see green pastures beneath an azure sky. A world they had never been to, a world they knew they hated.

The dragon roared, commanding all, “It is done, go forth!”


「彼女はお喜びになるでしょう。」微かに光る宝石を疲れきった戦士の汚れた手から受け取りながら、メリッサ(Melissa)はそう静かに話した。暗い部屋の中で彼女の従者は押し合ったが、彼らのトーチの光は新しいリーダーが立っている暗がりに届くように思えなかった。

「これは、」彼女はそれを持った手を頭上に掲げながら始めた。「私たちの勝利への鍵なのです!」

シギルは真紅に輝き、フードに覆われたメリッサの顔へ邪悪な光を照らした。「これらが私たちの支配下にあることで、私たちははるか昔にこの土地を逃れた臆病者どもを制圧することになるでしょう!」

「彼らの安息の地、彼らの大切なトランメル、それは私たちの目の前で崩壊する定めなのです!」

彼女はシギルを胸まで下ろし歌い始めた。彼女の従者たちはそのリズムに乗り、大きくなっていくコーラスに参加していった。言葉は流れ、そして忘れられたが、それでもなお魔力は彼らの周りに集まり、霧の蔓のように中心へしみこんでいっていた。

「私たちが、眠っているブリタニアを目覚めさせるのです!」そしてメリッサの背後の暗闇ははじけ散った。

巨大で威厳のあるドラゴンが、小さな体躯のリーダーの後ろに立って彼らの前に現れていた。爪、頭、そして手が床を打ちつけると、ドラゴンの恐怖が確固たるものになっていった。いまだかつてこのようなものを見たことも感じたこともない。クリムゾンドラゴン(Crimson Dragon)、まさにカオス(Chaos)の化身。

メリッサは後ろを示しながら言った。「我らが軍勢を見よ! 我らが女王は約束したわ。『ブリタニアの人々は恐れを知ることになる!』と。」彼女はドラゴンが呼吸するように彼らを見つめた。「私たちがその“約束”なのよ!」

神秘的な恐れの静寂が、殺戮の欲求に染まった叫びと金切り声で打ち破られた。

「彼らに私たちの悪夢をみせてやるのです!」

彼女は向きを変え、背後の存在にシギルを差し出した。鉤爪が一つのび、そしてやさしくそのアーティファクトに触れた。部屋は暗くなり、エネルギーを伴って爆発した。

シャドーロードの下級従者の前に裂け目が現れていた。かすんだ輪郭の向こうに、青空の下に広がる牧草地を見ることができた。彼らが一度も行ったことのなかった世界、彼らが嫌っていた世界。

ドラゴンはうなり声を上げ、全員に命令した。 「用意は整ったわ。行きなさい!」