Actions

UO

2017-03-01: Windrunner


Windrunner / ・ウィンドラナー

Author: EM Bennu Published: March 1, 2017



“I know you have heard the legends. They are true, every single one of them.” An old hermit called the Seer peered across the fire at the two boys.

“The one about the pirates and the Lady?” Haren, aged no more than nine seemed enthralled.

“True, every word of it.” The Seer nodded.

“What about the one about the little girl and the corpser?” Dreu, Haren’s twin crossed his arms in disbelief.

“That one too, the Dark Wolf protects this island and has for generations.”

“Where did he come from?”

“There are stories, some say he isn’t a wolf at all, that he is the last of a race of Lycan, from another world entirely. Some say he is a cursed man with no words left in him, only action.”

“But he is good right? Not evil like the stories about Mondain or Minax?” Haren licked his lips and peered around at the dark forest.

“Of course. The Dark Wolf is a protector, a companion without his pairing.”

“Seems lonely, out in the forest all alone. No friends, no family.” Dreu spoke.

“So you believe the stories now, do you Dreu?” the Seer smiled.

“I don’t know, but I wouldn’t want to sleep out here alone, forever and ever.” The evening air blew in and Dreu shivered.

“You boys should better go back to town, it is late and your parents will worry.” The Seer stood and kicked dirt over the fire. “Off with you now!”

The two boys scampered into the direction of Serpent’s Hold along the rocky beach. Haren took the lead, driving a path over the slick rocks.

“That old man is crazy, Windrunner isn’t real.” Dreu chided his brother in a boastful sort of bravery.

“That isn’t what you were saying just a minute ago!” his brother answered back.

“I was just being polite, that old Seer is full of stories, and I bet not one of them is true. He just tells them so we keep bringing him apples and that ale you stole from Father.”

“Whatever!” Haren scoffed.

The wilds of the jungled forest around the city of Serpent’s Hold held few secrets, the city occupied much of the land, with very little room for else. The rocky beach offered no fertile ground. The hermit therefor had no fields to pilfer, no wild edibles, very little small game. He was utterly dependent on the charity of others; Dreu was correct that it was the Seer’s stories that kept his belly from being hollow.

“Stop!” Dreu shouted, but was too late.

His brother stopped cold, face to face with a pair of panthers. The two sleek grey cats circled the boys flicking their tails, hungry.

“Back away slowly.” Dreu whispered.

For every slow step backward the pair took, the cats advanced two. The two yelled for help, but were still too far from the city to be heard and the Seer was long gone.

Haren tripped over a vine and fell backwards to the ground. Dreu bolted and ran toward the city.

The two cats separated, one in chase, the other dropped low, ready to pounce. As Haren slowly began to right himself the panther sprung toward him only to be answered by a massive blackened wolf who took the cat between its jaws and shook the life out of it, tossing the corpse against a tree.

“Windrunner?” Haren whispered.

The large wolf snorted and gave chase toward the other panther. He seemed in the eyes of Haren to float more than run, the speed and deft course caught up with the panther and jumped over it, putting itself between Dreu and the danger.

Windrunner let out a low growl and the panther skulked, lowering its head in submission. The massive dark wolf turned and nosed under the boy till Dreu hung onto his back. The two returned, and Haren joined his brother. The two boys atop the massive dark wolf of Legend, Windrunner.

They did not yet know it but their ride of terror and fright would be one of many, for the lonely Windrunner was ever on the search for a companion of his own.

The two boys returned to their beds late, knowing none would believe their tale. But in the forest an old hermit smiled, and peered out into the dark toward the city.

“Good job old friend, well done Windrunner…”

Japanese version

「彼らについての言い伝えを聞いたろう。どれ一つ取っても嘘偽りない本当の話だ。」シーアと呼ばれた年老いた隠者は、焚火ごしに二人の男の子を凝視した。

「海賊と女の人の話?」年の頃は9歳に満たないだろうヘイレンはすっかりとりこになったようだった。

「そうだとも。一語一句違わずだ。」シーアは頷いた。

「じゃあ小さな女の子とコープサーの話は?」ヘイレンの双子の弟のドリューは疑い深く腕を組んだまま言った。

「もちろんそれもだ。黒い狼は何世代にもわたってこの島を守って来た。」

「彼はどこから来たの?」

「諸説ある。彼は狼ではないと言う者もある。異世界から来た最後の狼人間だと言う者も。あるいは言葉を失った呪われた人間で彼には仕草しか残されていないのだとも。」

「でも彼はいい狼なんでしょう?モンディンとかミナックスみたいに悪いやつじゃないんでしょう?」ヘイレンは唇をなめながら暗い森を見渡した。

「そうだよ。黒い狼は守護者であり、決して群れることのない仲間なのさ。」

「それって寂しいじゃない。森の中でずっと一人なんて。友だちも、家族もいないなんてさ。」ドリューが口を開いた。

「じゃあ君は言い伝えを信じるんだね。どうなんだい、ドリュー?」シーアは微笑んだ。

「わかんないよ。でもここで一人で寝たいと思わないな。絶対に、これからも。」夜風が吹いてドリューは身震いした。

「そろそろ街へ戻った方がいい。ご両親が心配するだろう。」シーアは立ちあがり、焚火ごしに煤を蹴った。「行ってしまえ!」

二人の男の子はサーペンツホールドの方角へごつごつした浜辺を疾走した。ヘイレンが先になって滑りやすい岩を伝って行った。

「あの老人はおかしいよ。ウィンドラナーなんているわけない。」ドリューは虚勢を張りながら兄をたしなめた。

「さっきはそんなこと言ってなかったじゃないか!」兄が答えた。

「相手の顔を立てただけさ。あのシーアは物語には事欠かない、だけどどれも本当じゃない。僕らがりんごとか君が父さんからくすねたエールを持ってってやったから、物語を語って聞かせたんだろう。」

「知るか!」ヘイレンは一蹴した。

サーペンツホールドを取り巻く手つかずのジャングルには、いくつかの秘密があった。島のほとんどは街が占めていて、残された空間はわずかだった。ごつごつした浜辺が肥沃な土地を生み出すことはなかった。だから隠者は自生する食べ物を取ることも、何かをくすねようにもできなかった。ほんの小さなお遊びだ。彼は完全に他者による施しに頼っており、彼を空腹から救ったのは彼の語る物語であり、その点においてドリューは正しかった。

「止まれ!」ドリューは叫んだが、遅かった。

彼の兄は二匹の豹を目の前にしてたじろいだ。二匹のなめらかな灰色の猫は、尻尾をはじくようにして二人の男の子の周りを回った。空腹なのだ。

「ゆっくり後退するんだ。」ドリューがささやいた。

二人がゆっくりと一歩後退するたびに、猫は二歩進んだ。二人は助けを求めて叫んだが、街へはまだ遠く、シーアの居た場所からもだいぶ離れてしまった。

ヘイレンはつるに足を取られ、背中から地面に倒れてしまった。ドリューは一目散に街の方角へ駆け出した。

二匹の猫も散り散りになり、一匹は追い、もう一匹は身を低くし、まさに飛びかからんとしていた。ヘイレンがゆっくりと身を起そうとしたその時、豹は彼に向って跳ね上がったが、答えることができたのは顎の間に猫を捕え、こと切れたそれを木の根元に放り投げた大きな黒い狼だった。

「ウィンドラナーなの?」ヘイレンはささやいた。

大きな狼は鼻を鳴らし、もう一匹の豹を追って行った。ヘイレンの目にそれは走っているというよりも浮かんでいるように見え、またたく間に手際良く豹に追いつくと、飛び上がってドリューとの間に立ちふさがった。

ウィンドラナーが低く唸ると豹はすごすごと引きさがり、頭を低くして服従した。大きな黒い狼は振り返り、ドリューがその背に乗るまで男の子の下に鼻を入れて嗅ぎまわった。一人と一匹は戻り、ヘイレンはふたたび弟と合流した。伝説の大きな黒い狼、ウィンドラナーの背に二人で乗って。

彼らはそれを知る由もなかったが、驚きと恐れに満ちた幾多のウィンドラナーへのライドのほんの一回を、彼らは体験したに過ぎなかった。孤独なウィンドラナーは彼の仲間をずっと探し続けているのだから。

二人の男の子は誰も彼らの話を信じないであろうことを思いながら、夜遅くにベッドに戻った。けれど森の中で年老いた隠者は微笑み、街の方角へ向かって暗闇を凝視した。

「よくやった、古き友よ。でかしたぞ、ウィンドラナー……。」

References: