Actions

UO

2005-07-22: 宝珠の守人 -紡ぎ始める大地-


BNNMasthead.gif
Global Edition


宝珠の守人 -紡ぎ始める大地- / Buddhist guard - earth to start spinning -

Author: Clainin, the Royal Thaumaturgist Published: July 22, 2005



「ふむ、なるほど。それは興味深い。」

美味しそうなピザを前にしながら、宮廷魔術師クレイニン(Clainin)はミーア族長老アドラナス(Adranath)の話に没頭している。

アドラナスがもたらしたユーを浄化するための一つの可能性。それはほんの小さな糸口でしかないが、ミーア族が伝えてきたというその口伝にクレイニンは心惹かれずにはいられないようだ。

「古代に存在したと言われる大地の守護者たち。ユーを元に戻すために何かわかればいいのですが。」

「そうですね。いや、きっと大丈夫。そのために今エレイン(Elaine)が調査隊の結成を急いでいます。多くの市民もまた力を貸してくれる事でしょう。彼らは実に頼りになります。いやしかし是非ともその守人にはお会いしてみたいものですな。」

そう言い立ち上がると、クレイニンはブツブツとつぶやきながら部屋の中をうろうろと歩き出した。どうやら考え事に没入してしまったようだ。


「マスター・クレイニン?」

「おっと失礼しましたマスター・アドラナス。おやせっかくのピザが冷めてしまったようですな。これは申し訳ない事を。すぐに新しいものをお持ちします。冷めたものは私の夜食にでもするとしましょう。」

そう言うとクレイニンは厨房の方へと向かって行きました。


"Hmm, I see, that is interesting."

The court magician Clainin is deeply absorbed in the story of Elder Meister of the Adoras (Adranath) while looking for delicious pizza.

One possibility to purify Yu brought by Adranas. It is only a small clue, but Clirenn seems to be unable to keep on attracting its mouth that the Mia tells us.

"Guardians of the earth said to exist in ancient times, you can find something to put you back."

"Well, yeah, surely it's okay so Elaine is now hurrying to form a survey team, and many citizens will also lend a lot of power, they are truly reliable. By all means I would like to see that guardian. "

As soon as he stood up, Krayinn started walking around the room while murmuring with a whip. Apparently it seems he was immersed in thought.


"Master Krainin?"

"Oh, I'm sorry Master Adranas ... Oh my good pizza seems to be getting cold, this is sorry ... I will have a new one sooner, my cold one will do for my late night snack let's do it."

As I said, Krayinn headed towards the kitchen.