Actions

UO

2006-12-15: GUILTY!


BNNMasthead.gif
Global Edition


GUILTY! / 有罪!

Author: Reynard the Scribe Published: December 15, 2006



Britannians rejoice! For at last, Justice is done this day!

Ricardo the Thief – escape artist, assassin, and war criminal – has at last received the judgment he so richly deserved. For inciting the Ophidian War, and being held responsible for the deaths of untold thousands, this hated man has finally been condemned to death for his crimes.

It is with great pride that the BNN reflects upon our wise and fair legal system. Once again the balance tips and a man finds himself wanting upon its scales. Every man, woman, and child in the land can rest easy, knowing that should they ever go before the magistrates, they too shall know Justice firsthand. Walk in the Virtues, and none shall have need fear as Ricardo fears now.

The Royal Council has invited Casca.of Heartwood, the famous attorney who won the kingdom’s victory in the courts, to Castle British for a state dinner later this week. Our readers may remember that Casca.is one of the first elves to ever represent the citizenry in the courts, and the Royal Council wishes to officially commend his efforts.

Reactions throughout the kingdom have been overly positive, with citizens in Papua and Vesper openly celebrating in the streets. A small fraction of malcontents have voiced complaints over a few issues of no importance raised during the trial. They are but the fringe of popular opinion, however, and walking the streets it’s obvious what people truly think: “Justice for Ricardo! Death to Ricardo!”

Letters to the Editor:

‘Twould be a lie to say I have no doubts about this trial, but I feel, deep within my heart, that the truth has been revealed. ‘Tis hard for me to understand much about such a complex system, but I know what I know, and I know Ricardo is guilty!
- Valerie the Tailor, Britain

About time! Back in my day we’d a just taken him and hung him right there! That’s what I call Justice!
- Samuel the Tanner, Vesper

Upon Justice, we consider, that most noblest of Virtues, and Ricardo, of course, a nation could argue for, indeed, quite a long time. How much simpler, in fact, is our High Court, which deemeth him guilty, and so it must be!
- Edgar the Apprentice Scribe, Britain

We can never bring back those lost, but at least we can hold those responsible, responsible. May Ricardo meet the same fate the snakes gave my friends: the sharp end of a blade.
- Johnne the Jeweler, Papua

This is a travesty! Ricardo is so obviously innocent! Are our people blind?
- Sutek the Mage, Moonglow


Bnn061216.jpg

ブリタニア市民よ、歓喜せよ! ついに正義が成された!

盗賊のリカルド - 脱出の天才にして暗殺者、そして戦争犯罪者 - に、正式な審判が下された。オフィディアン戦争を引き起こし、筆舌に尽くしがたいほどの大量死をもたらしたこの忌むべき男に、とうとう死刑が宣告されたのだ。 Guilty

賢明かつ公正な司法制度にBNNが関与することができたことは、大いなる誇りである。人々がリカルドを正義の天秤によって測るべきであると考えていたことが、いま一度明らかになった。裁判官のもとへ向かえば常に正義が示されることを知って、この地に住むすべての男性、女性、子供たちは、心安らぐことができた。 徳を求めよ。そうすれば、誰一人として、いまリカルドが恐れているような不安に苛まれることはない。

ブリタニア統治評議会はハートウッドのカスカ(Casca)氏 - 法廷にて王国を勝利に導いた著名な判事 - をこの週末、ブリタニア城の晩餐会に招いた。読者諸兄は、カスカ氏が法廷における代理人となった最初のエルフであることを覚えておられるかもしれない。そして、ブリタニア統治評議会は、彼の努力に対して公式に賛辞することを望んでいる。

街頭で盛大に祝うパプアとベスパーの市民らに対して、王国各地の反応は極めて肯定的だ。わずかな不平分子は、あまり重要ではない問題が法廷で示されたことについて不満の声をあげている。 しかしながら、街頭を歩けば、人々が「リカルドに正義を! リカルドに死を!」と本気で考えていることがはっきりとわかる。


【市民からの投書】

「この判決にまったく疑問がないといえば、嘘になります。しかし、私は心の奥底で、真実が明らかにされたと感じています。裁判の仕組みは難しすぎて私にはよく理解できませんが、私にもリカルドが有罪であるということはわかります!」 ヴァレリー(Valerie)/仕立て屋/ブリテイン

「もういいだろう! ヤツを連れてきて、そこに吊るせ! それこそが正義だ!」 サミュエル(Samuel)/製革業者/ベスパー

「公正であることが、もっとも気高い徳であるであることには、我々も同感です。リカルドについても、もちろんです。王国政府は、長い時間を、議論に費やしました。単純なことです。法廷において、彼は有罪であり、それは間違いありません!」 エドガー(Edgar)/見習い書写士/ブリテイン

「オラたちは、失くしたものを取り戻すことはできねえ。でもよ、その責任を取るこたあできる。オラたちの仲間に対して蛇どもが刃物を向けたのとおんなじ運命を、リカルドにもくれてやれ」 ジョン(Johnne)/宝石商/パプア

「これは茶番だ! リカルドは明らかに無罪だ! みんなどこに目をつけてるんだ?」 スーテック(Sutek)/魔法使い/ムーングロウ