Actions

UO

2007-07-11: Of Mice and Women


BNNMasthead.gif
Global Edition


Of Mice and Women / ネズミと令嬢

Author: Draconi Published: July 11, 2007



“But that’s horrible!” Aileen cried out, staring at her diminutive companion.

“I know, I know!” Sherry the Mouse squeaked out, “You can’t tell anyone!”

Time had passed quickly since Aileen had been sent to Castle British to represent the interests of Trinsic. Her upbringing had produced an arrogant, haughty young woman of noble ambitions, and she’d hated the old, dank castle from the moment she’d stepped across the drawbridge. “This is why Blackthorn had a Keep on the other side of the city!” she’d quipped to an embarrassed handmaid.

Within the first few days she’d alienated all but the most stalwart of servants, and they barely talked to her besides. The short visit had dragged on into a full week, then a month, and now nearly a year. A year is a long time to rethink one’s attitude to one’s hosts, and Aileen had learned a lot about Humility and how it applied to Honor, and at last, after many contrite apologies, had found herself with more than one friend in her new home.

One such was seated on a pillow in her room, nibbling on a piece of cheese.

“What about the raid on the Followers, did they all…?” she began.

Sherry waved quickly, “No, no, not all, but they lost a lot of men. The entire dungeon was nearly destroyed.”

Aileen fell back on the bed and looked up at the ceiling: “It sounds like they’re starting a war.”

“There’s been worse, but…”

“What about the Royal Council, what’re they doing?” she sat back up.

“Nothing!” Sherry nibbled angrily, “As usual! I think one or two of them are up to something, but the last thing they managed to do together was appoint that Casca.fellow to some position or other.”

“Really? What’s he doing?”

“I think he’s the new Royal Ambassador now.”

“Have they announced it?”

“Nuh-uh.”

“Hmmm…” Aileen went through the roster of councilmen in her head, “What about Lord Francesco?”

“Ah! It was one of his men that led the group!”

“Really? Isn’t that something for the Royal Commander to do?”

“I don’t know, all I know is that the report says they almost captured the fiends, but one of their own was a traitor.”

“In the guard? A traitor?” her voice had gone soft.

Sherry put down the cheese and leaned forward: “Yes. I think it explains why there’re so many little factions now.”

“No one trusts each other,” Aileen finished, “What’ll we do?”

“I dunno. I’m worried! This isn’t how mi’lord intended the Council to act.”

“I won’t tell my people until the Council officially informs me.”

“I know, that’s why I’m glad we can talk.” Sherry wiggled her whiskers, “Well, I’ve got to be going! I want to go into town tonight and listen for more gossip.”


Bnn070714a.jpg

「でも、それって最悪じゃないこと!」 アイリーンは声を荒げ、小さな同伴者に目を向けた。 「わかってる、わかってるわよ!」 ネズミのシェリーはチューチュー言った。 「誰にも言っちゃダメよ!」



アイリーンがブリタニア城にトリンシックの名代として送られてきてから時は放たれた矢のごとく過ぎ去っていった。アイリーンが跳ね橋を渡るとき初めて見た古く暗い城はトリンシックの明るさとはまるで違っており、貴族令嬢としての教育による高慢さと尊大さによって、彼女はあっというまにこの城が嫌いになったのだった。 「だからブラックソンは街の反対側に城を構えたんだわ!」 と、侍女に皮肉をこぼしたものだった。

数日のうちにアイリーンは我慢強く仕えている召使を除いてほとんどの人々から疎んじられるようになり、半ば無視されるようになってしまっていた。数日の滞在予定は丸々一週間に延び、そうしているうちに1ヶ月が過ぎてしまえば1年なんて大差なかったのだった。 とはいえ、1年は自らの態度と状態を見直すには十分な時間であり、その間にアイリーンは謙譲の徳がいかにして名誉と結びつくのかについて多くを学ぶ事ができた。そして、彼女の改心と心からのお詫びの気持ちは、アイリーンにある友人と新しい家をもたらしたのだった。

その友人は彼女の部屋に置かれたクッションにちょこんとすわり、チーズをちびちびとかじっていた。



「それで、その方たちはどうなったの?全員もしかして……」 アイリーンが続けた。 シェリーはちがうちがう、と手を振った。 「ちがう、ちがうわよ。でもたくさんの人が死んでしまったの。ダンジョンのほとんどが壊れかけたぐらいだったっていう話なのよ」

アイリーンはベッドに寄りかかって天井を見上げた。 「なんだか戦争を始めようとしてるみたいだわ」 「もっとひどいかも知れないわよ、でも……」 「統治評議会はどうなのかしら?一体どうなさってるの?」 アイリーンは座りなおした。

「なんにもよ!」 チーズのひとかじりにシェリーの怒りが表れていた。

「いつもどおりよ!私が思うに、一人か二人は思うところがあったでしょうけど、でも結局はみんな、カスカとその腰ぎんちゃくが言った通りの方向に決まったんだと思うの」 「本当に?彼は何をしてるの?」 「確か、新しい大使に就任したはずよ」 「それってもう公表されたの?」 「ううん」 「そうなのね……」

アイリーンは評議会員名簿を頭の中に思い浮かべた。 「フランセスコ卿は?」 「あぁ、そいつよ!そいつがそのグループをまとめてんのよ!」 「本当なの?それってロイヤルガードがすることなの?」 「さあ?私が知ってるのは彼らがその悪魔のようなヤツらを捕らえかけたんだけど、裏切り者に邪魔されたっていうことだけ」 「ガードに?裏切り者が?」 アイリーンの声は自分でも気付かない内にひそまっていた。 シェリーはチーズを置いて、身を乗り出した。 「そうなの。これって、最近議論とかが少ない事の説明になると思わない?」 「お互いを疑ってるのね」 アイリーンは締めくくった。

「私達、どうしたらいいかしら?」 「わかんない。でも心配なの!王様は評議会にこんな事をお望みじゃなかったはずなのよ」

「今の話、私、公式に発表があるまで侍女にだって言わないわ」 「信じてるわ。あなたにお話できて良かった」 シェリーは照れくさそうにひげをもぞもぞとさせて言った。 「じゃあ、私そろそろ行かなきゃ!今晩街に出て、もっと噂を聞いてこなきゃいけないもの」