Actions

UO

2015-10-08: Voices


Voices / ・声

Author: EM Malachi Published: October 8, 2015



Mondain was dead, and his Gem of Immortality lay shattered upon the floor. The Stranger picked up a shard of the gem and examined it closely. The corruption from Mondain had started to clear, revealing the blue-green world of Sosaria turning on its axis. On that world, people began to move through the moments of their lives.

The Stranger watched as Sosaria’s people recovered from the Shattering. The armies of Britannia defeated Mondain’s hordes and returned home to rebuild. The survivors of the fallen Rondorin Empire flocked to Zento, the new capital city of Tokuno. The Lands of Danger and Despair fell into war and ruin, as the White Dragon went mad with his daughter’s death. The terrible powers of the Dark Unknown settled into Dungeon Doom.

The Stranger carefully put down the shard and left Shadowguard. Inside each shard, the centuries passed.


Anon finished drawing the last detail on the elaborate circle. He looked with distaste at his blood-stained fingers. The sacrifice had been the quickest way to gather the mana needed to cast the spell Minax had requested, but he didn’t like having to get his hands dirty. Still, the denizens of Doom had provided a most impressive spell. It would allow Shadowguard to shift in space and time, letting Minax move her armies to any point in Sosaria’s past or future. The demons had warned that it would take incredible power and control to complete the casting. The rune burned into his chest flared slightly with the dark power Minax had branded into him. Placing the remains of four rare creatures into the circle, he started to channel his own mana into breaking Shadowguard free from the ethereal tether that held it in place.


Hawkwind checked the position of the four gems, insuring that he had made no mistakes. The cost of the gems in lives had been very high. He would not let the sacrifices be in vain. He started the incantation from the Codex. With each word, more and more mana streamed to him from the facets of almost thirty shards. The top of Stonegate became an eddy of raw elemental mana, summoned from the conflicts of Felucca, the bitter Malas void, the mercurial seas of Tokuno, and the ruins of Ilshenar.

It was beautiful, until tendrils of demonic corruption started to darken the edges. As the Time Lord’s and Anon’s spells conflicted, the spell of the Silver Gate weakened against Anon’s onslaught. Making himself corporeal, Hawkwind poured every drop of mana his mortal body had into a desperate attempt to maintain control, but it seemed inevitable that Anon, empowered by both Minax and the terrible powers of Doom, would win.

Then, across the shards, thousands of others joined Hawkwind, pouring their will into weaving silver strands to hold Hawkwind’s casting in place. Each different voice, human, elf, gargoyle, and even goblin, spoke the same words of power: Vas Rel Tym Por Ort. The magic of the united effort cascaded against Shadowguard and Anon.

As Anon faltered, his magic flailed wildly across the Ethereal Void. The uncontrolled demonic spell lashed out, finding other fragmented timelines and pulling them toward him. When the closest of these collided with Shadowguard, the two realities merged. Every abomination in Minax’s fortress screamed from the backlash. Towers collapsed, and an entire wing of the structure was fused into solid rock. The mana surged through the connection, burning a magical path through the Ethereal Void between Sosaria and wherever Shadowguard now was. Seeing the steady moongate shimmering before him, Hawkwind smiled and collapsed in exhaustion, his mortal body falling through the Silver Gate.


Waking later, Hawkwind looked up at an unfamiliar sky. Sitting up, he stared across a landscape of giant reptiles and lush jungles. It wasn’t Sosaria, past or present. “This is unexpected.”

“Those who live here call it Eodon.” Blackthorn stepped out from the brush. He looked weary and bruised. There were strange claw marks on his arms. “They were very helpful in finding you.”

Hawkwind tried to stand, but he stumbled in exhaustion. Blackthorn took his arm to steady him. “You cast your Silver Gate to Shadowguard. I am not sure how you managed it, but the magic of Sosaria is now intertwined with this place.”

Hawkwind smiled and said nothing.

“However, Minax is still a threat. Your plan did not stop her.”

“The purpose of my actions was never to stop Minax, but to protect the great tapestry of time. Still, Minax has lost much. She can no longer lash out and retreat to safety. The fate of Minax now rests in the hands of the people of all Sosaria, on every shard and facet.”

Thus begins the Time of Legends...

Japanese version

モンディンは死して、不死の宝珠は砕けて床に散らばった。冒険者はその欠片を拾い上げてつぶさに観察した。モンディンによる腐敗は消えつつあり、自転を開始した青緑色をしたソーサリアの世界が明らかになりつつあった。この世界で、人々は自らの人生の瞬間を移動し始めた。

冒険者はソーサリアの人々が粉砕から復興する様を眺めていた。ブリタニア軍はモンディンの軍勢を打ち破り、街の再建のために帰還した。落ち延びたロンドリン朝の生存者たちは禅都に集まり、そこを新たな首都と定めた。危険と絶望の地は愛娘の死によって狂気に侵されたホワイトドラゴン王によって戦禍と破壊がもたらされた。知られざる暗き者の恐ろしい力がダンジョン・ドゥームに根を下ろした。

冒険者は欠片を注意深く置くと、シャドウガードを後にした。それぞれの欠片の中で何百年もの時が流れた。


アノンは精巧な魔方陣に最後の仕上げをした。彼は嫌悪とともに血に染まった自分の指を距離を取って眺めた。生贄はミナックスが所望する呪文を唱えるためのマナを集めるのに一番手っ取り早い方法だったが、彼は自分の手が汚れるのは我慢ならなかったのだ。とはいえドゥームの住人たちは極めて印象的な呪文を編み出した。その呪文はシャドウガードを時空を超えて移動させ、ミナックスと彼女の軍勢をソーサリアの過去であろうが未来であろうが、どこへでも自在に運ぶだろう。悪魔はこの詠唱を完了させるために凄まじいまでの力と制御が必要になるだろうと警告した。ミナックスがアノンに刻印した邪悪な力とともに、アノンの胸でルーン文字がかすかに燃え上がった。4つのめずらしい生き物を魔方陣に並べ、彼は自身のマナをシャドウガードを拘束しているエーテルの鎖を破壊するために解き放った。


ホークウィンドは4つの宝石の位置を確認し、間違いがないことを確かめた。これらの宝石のために支払われた命の代償はとても高くついた。これらの犠牲を無駄にしてはならない。彼はコデックスから呪文を唱え始めた。言葉が発せられるたびに、30にも及ぶ破片世界からのマナが徐々に彼の周りを滞留し始めた。ストーンゲートの頂きでは、フェルッカの混沌、苦きマラスの深淵、気まぐれなトクノの海、イルシェナーの廃墟、それぞれから召喚された力の源となるマナが渦巻いていた。

それは美しくさえあった。少なくとも、触手のように迫り来る悪魔的な腐敗した何かが、その端を黒く染めはじめるまでは。タイムロードとアノンの呪文がぶつかり合い、シルバーゲート召喚の呪文はアノンの猛攻の前に力を奪われた。ホークウィンドは人としての自身の体を維持するために、彼の持ち得るすべてのマナを注ぎ込んだが、もはやミナックスと凄まじきドゥームの力の双方の加護を得ているアノンの勝利は避けられないことのように思えた。

その時、シャードを超えて、幾千もの意志を持った力がホークウィンドに結集し、銀の糸を紡ぎながらホークウィンドの詠唱を支えたのだ。異なる声が、ヒューマンの、エルフの、ガーゴイルの、ゴブリンの声ですら、同じ力の言葉を唱えていた。“Vas Rel Tym Por Ort”。魔力はひとつになってシャドウガードとアノンの上に降り注いだ。

アノンがひるむと同時に彼の詠唱はエセリアル空間の中で大きく空回りし始めた。制御不能に陥った悪魔的な呪文はアノンに刃向い、時間の断片を見つけるとそれらをアノンに向かって引き寄せた。最も近くにあったそれらがシャドウガードに衝突した時、ふたつの現実はひとつになった。ミナックスの砦の忌まわしき者たちはその衝撃に悲鳴を上げた。塔は崩壊し、建物全体が硬い岩に固定された。マナは接続部分を通じて流れ込み、エセリアル空間を通じてソーサリアと今現在シャドウガードがある場所に通じる道を焼き尽くした。ムーンゲートが安定して目の前に光り輝いているのを見て、ホークウィンドは微笑み、疲労からその場にくずおれた。彼の人としての体がシルバーゲートを通じて落ちて行った。


ホークウィンドはしばらくして目覚め、見慣れぬ空を見上げた。体を起こし、彼は巨大な爬虫類とうっそうとしたジャングルのある景色を眺めた。ここはソーサリアでもなく、過去でも現在でもなかった。

「予想外だ。」

「ここに住む者たちはここをイオドーンと呼ぶのです。」

茂みから現れたブラックソーンが言った。彼は疲れて傷ついているようだった。彼の腕には奇妙な爪痕があった。

「彼らはあなたを探すのにとても役立ちましたよ。」

ホークウィンドは立ち上がろうとしたが、疲労からよろめいてしまった。ブラックソーンは腕を取って支えた。

「あなたはシャドウガードへシルバーゲートを開こうとなさいました。あなたがどのようにしてこのみわざを行ったのかはわかりませんが、ソーサリアの魔法は今はこの土地と絡み合っているのです。」

ホークウィンドは微笑んだままなにも言わなかった。

「しかし、ミナックスはいまだに脅威のままなのです。あなたの計画は彼女を止めることはできなかった。」

「私の目的は決してミナックスを止めることではなく、時間が織り成す壮大なタペストリーを守護することだ。事実、ミナックスは多くを失ったわけではない。進撃することも、退却することもできなくなっただけだ。しかし、ミナックスの運命はいまやすべての破片世界とファセットに住む、ソーサリアの人々の手中にある。」

こうして運命の刻は始まったのである。

References: